スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

デュエルメイド2 ~OverDrive~ 買ってきた

商品名:デュエルメイド2 ~OverDrive~
種類別:ブラインドボックス型 彩色済アクションフィギュア
発売元:アトリエ彩
種類数:全10種(8種+カラーバリエーション2種)
発売日:2008年5月21日
価格:840円(税込)


今回はシャドウがほぼ全滅(公式より)した事により、新規メンバーが参入しています。
と言っても新規の2つの内のコスト安い方を目と服のカラバリを施して、4種に仕立て挙げる根性は見上げたものですがw





 
 
 
[ベルリネッタ ver.2]

アホそうなピンクの娘(ぉ、ベルリネッタです。
他の面子に遅れて覚醒した分、武器の変わり方が極端w
武器はかなりでかく立派で、figma等に持たせても十分使えます。
持ち棒部分を白に、末端を蛍光ピンクにリペしたら本当にレイジングハートw




前回よりも顔がほっそり気味。とゆうかやつれた様子。
表情は前回と違い口が開いて若干気合顔。





基本的な話を言えば、前回との違いは武器とカラーパターン変更です。
評判の悪かった肩のフリルが接合されており、自由度は若干減った変わりにイライラ度は大幅に軽減。




後ろから見ると分かる通り、完全流用してるのは肩から手先/股関節から下/顔以外の頭部。
ようするにボディ部分に関しては一応新規造形になっています。
と言ってもボディは全キャラに使い回しているので、コストとしては大幅に下げてますが。
塗装は前回より細かい所が増えているので、その点は評価出来るかと。




ここからは画像クリックで拡大出来ます。



足首が一軸の為に可動範囲は制限されますが、太股のロールがあるので一般的なポーズならなんとか取る事が可能。
但し台座が小さい為、安定性は良くないので調整は結構必要です。





胸と胴部の接続がボールジョイントなため、捻りを加えた角度を付けることも可能です。
そのため上半身に関しては見た目よりもポージングが取れます。





こうするとかなり捻りが入っているのが分かります。





[総評]
今回も多少の塗りの荒さはあるものの、前回レベルのクオリティは保っています。
とはいえ今回の内の殆どで予備スカートパーツが省かれてしまった為に、足の可動域が狭くなったのは残念。
原形以外の部分でコストアップした為とはいえ、もう少し努力が欲しかった所。
また今回は紹介してませんが、従来の面子に関しては武器は完全同一(銀が金色になり、服
デザイン変更)なので本当にカラバリの印象しかなく、スカートが減った為に割高感を感じ
てしまいます。

ベルリネッタやパンテーラだけを見れば以前より割安感が出ますが、従来面子はほぼ同じな上に後の4体(エスパーダ)は実質1体のカラバリなので、トータルとしては高く感じる所かも知れません。





先頃[ヤッターマン ちょびメカコレクション Part1]という物がユ
ージンから発売されましたが、
大袋中100個中の入り数
①ヤッターワン      5個
②カニメカ      21個
③スパナメカ     21個
④炭酸飲料メカ    21個
⑤トウキョウタワーメカ 5個
⑥ポップコーンメカ   5個
⑦ハリセンメカ    22個

・・・これって何でしょう?極悪通り越してますがな。
もう本当に潰れてくれた方が良いですね>ユージン

 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kiddygrade.blog45.fc2.com/tb.php/100-687a1cd9

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。