スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

KIRIN COLASHOCK(コーラショック) 貰ってきた

商品名:KIRIN COLA SHOCK(コーラショック)
種類別:リキュール類(発泡性)①
製造者:キリンディステラリー(株)
発売元:麒麟麦酒株式会社
発売日:2009年7月8日
内容量:350ml
価格:オープン価格(実売130円前後(税込)


今回のレビューもフィギュアではなく(笑)、飲み物。

今回は新発売のキリン コーラショックです。
見た目と名前に反してお酒となっています。
発売前の品ですが、飲料販売の関係者から頂きまして先行レビュー。





 
 
 

今回の売り文句。
----------
刺激的なのに、飲みやすい。まったく新しいコーラのお酒がデビュー。
うまさがSHOCK!
キリン独自のコーラフレーバーにウォッカをプレンドするから、コーラらしいしっかりしたうまさが楽しめる。
刺激がSHOCK!
コーラのあの強い炭酸を生み出すために、高炭酸(自社製品比1.5倍)にすることで、ビリッとくる強い刺激を実現。
----------
とあります。

なお成分ですが、

原材料:ウォッカ・糖類・カラメル色素・酸味料・香料・クチナシ色素・甘味料(アセスルファムK)
[栄養成分表示 (100ml当たり)]
アルコール分:5%
エネルギー 64kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
糖質 8.6g
ナトリウム 8.6mg
食物繊維 0g

となっています。
コーラ+酒故にえらく高カロリーです。



缶の写真。




これが中身。
泡の立ち方も普通のコーラそっくり。

ハッキリ言って、注いだ段階では僅かなアルコール臭を嗅ぐまではコーラとの判別が尽きません。
味としては最初にコーラの味がし、その後にウオッカの臭いが来る感じ。
味の印象は某社カク○ルパートナー等とは方向性が違う物体です。
炭酸も強く、変に後味がベトっとしなくてコーラの爽快感は味わえます。
ビールは苦手だがアルコールで爽快感を味わいたい人には向いてるかも。





[総評]
少なくとも、メーカーの宣伝文句に嘘偽りは無いと言う印象。
但し味としては悪くないのですが、お酒としてどーなの?と言う第一印象。
美味さもコーラとしてであって、お酒としてではないのが痛い部分。
単純にウォッカを入れる意味が感じられないという事です。

酒成分抜きなら本家コカコーラより上質だと思われます。
が、ソレを生かし切ってないのが残念。

アルコール抜きならローカロリーコーラ類と同等のカロリーだと思うので、
コーラ成分だけで販売した方が良いかと思われます。


 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kiddygrade.blog45.fc2.com/tb.php/126-82fced0f

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。