スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

di:stage 基本セット クリアver. 買ってきた

商品名:di:stage(ディステージ) 基本(ベーシック)セット クリアver.
種類別:ディスプレイベース
発売元:マックスファクトリー
発売日:2009年9月12日
価格:580円(税込)


今回のレビューは、こちらこちらでレビューしたdi:stageのクリアver.です。
基本的に大差は無いんですが一応。




 
 
 
 

まずは箱。




中身。
と言ってもブラックver.と色が違うだけで何の変わりも有りません。
というわけで写真も手抜きです。





figmaハルヒとクリアdi:stage。
但しスキンはなのは用です(ぉ
見ての通り、前面に名前が見えるようになっています。
事前予測よりもハッキリ見えるため、見える部分は意外と気を使います。






[総評]
パーツ精度に関してはブラックより甘い感じです(バリや傷等)
またバインダー部の遊びが少ない(購入した3つ全て)感じがし、カバースキン等は若干挟むのが調子悪い印象を受けます。

実際に使用してみると、以前に浅井氏がクリアを嫌がっていた理由が良く分かります。
単純に全部見えてしまうからなんですが。
カバースキンを作る時には上面だけではなく、折り曲げる部分にまで気を使う必要があります。

但し逆に僕が制作したカバースキンのように、正面部分にキャラ名を入れる等の工夫が出来るので、一概に悪いとは言えない部分も有ります。
ある意味、使う人を相当選ぶ物体。

裏側に電飾を仕込んだり、自分でカバースキンデザインが出来る人ならともかく、既存の物で済ます人はブラックを買う方が無難だと思われます。



 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kiddygrade.blog45.fc2.com/tb.php/139-f85a1851

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。