スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

figma 高町なのは The MOVIE 1st Ver. 買ってきた

商品名:figma 高町なのは The MOVIE 1st Ver.
種類別:彩色済完成品アクションフィギュア
製造元:マックスファクトリー
原型:浅井真紀、マックスファクトリー
発売日:2010年1月23日
価格:2800円(税込)



今回は 劇場公開になった 魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st より、主人公の高町なのは The MOVIE 1st Ver. のレビューです。




 
 
 

まずは箱。





次に付属品。
いつもの台座、手首が両手合わせて全10種、顔が2種付属。
手首はこちらも玉がないストレートタイプになっています。
他にはレイジングハートが付いてますが、19才版と違い完全に二本付いています。
あとはフェレットユーノの4足体勢とカノンモード用の取り替えグリップ。
19才版と同様にアクセルフィン両足分と髪の毛の逆向きも付属。
勿論小物袋付き・・・今回も使わないでしょうw





まずは正面。
個人的には制服ver.より可愛く感じます。






両側左右。
こちらは制服ver.より高い位置に穴が開いている関係で、標準アームでも結構なんとかなります。
むしろdi:stage用アームは短くて制限が付く(スカートが広がり過ぎで引っ掛かる)ので、使わない方が良いかも知れません。





後ろ。
ちなみにdi:stage用カバースキンですが、StS仕様の魔法陣になっています。
(1st仕様の魔法陣が手に入らなくて、[さっき]1st仕様の画像が完成したので)





次は少し可動させてみます。
ここからは画像クリックで拡大。


パケ写真ポーズ。
動かしていると[制服版とは可動範囲が全然違う]事に気付きます。
スカートは硬いのですが、膨らみが制服版より広いために足の可動制限はほぼ気になりまません
まるで上方向を向けなかった制服版と違い、これは上をかなり向くことが出来ます。
また手首の角度も比較的自由に、腰も19才版並とはいきませんが、それなりに曲げることもできます。
やはり制服版は急ごしらえだった感じがしてきます。





逆向き髪の毛、表情取り替え、RHカノンモードへの変更です。





取り替えグリップを付けることで砲撃モードへ変更。





アクセルフィンを付けた所。
こうすると空間が埋まるせいか、なぜか格好がつきます。




最後に綺麗に撮影した画像で







[総評]
正直、制服版とはまるで別物と考えて良いでしょう。
可動範囲はもちろん表情も別物ですし、遊びやすさや使い勝手の良さも全然違います。

とはいえ可動範囲はfigmaで言えば比較的狭い部類に入り、他ので慣れてしまうとちょっとキツイ部分は有ります。
が、劇中を再現するには十分な可動範囲は確保されてると考えます。

正直な事を言えば、腰(胸)可動の部分の範囲及び関節素材の見直しをして欲しかったです。





 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kiddygrade.blog45.fc2.com/tb.php/153-d5751cf2

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。