スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

2009年末 同人誌追加レビュー

2009年9月~コミケ77に入手した中から、一部の同人誌を偏った個人的観測でレビュー(一部敬称略)
コミケ77以降~今年2月迄に入手した物も一部含みます。

なお、モザイクはこちらで入れたものです。
価格は基本的に会場での価格です。

本記事は2009年末同人誌レビューの追加記事です。
合わせて参照してください。





 
 
同人誌の評価の☆基準を明確にしました。
本自体の評価レベルとしては同人も商業も一緒です。
同人誌の場合は価格がまちまちなので、内容だけではなく価格/P数で評価を加味/減算しています。
(内容としては☆4だが価格比P数が少ないので3つ半、等)
その為に商業誌に比べて相対評価になりやすいです。
また相対評価導入の為、若干評価厳しめになっています。


P数基本基準としては
・表紙フルカラー前提(モノクロ表紙は4P差引で評価)
・本文モノクロ=100円/6P(但し700円以上は基準値UP)
・本文カラー=100円/3.5P
・500円単位で-2~+2P程度は許容範囲
・上回れば評価+気味、下回れば評価-気味
・大幅に上回れば直結で評価増、大幅に下回れば自動評価減
但し漫画や絵以外のページが多い場合は減点対象。
また折り綴本(印刷だがホチキス綴=印刷代安)も評価減気味。

・モノクロコピー誌はコピー枚数4枚~5枚/100円が基準
・コピー誌のカラー表紙は100円差引計算での評価
・-2~+2P(紙1枚分)程度は許容範囲
・上回れば評価+気味、下回れば評価-気味
・大幅に上回れば直結で評価増、大幅に下回れば自動評価減
・両面印刷の折り本は8p~10pで100円基準
但し漫画や絵以外のページが多い場合は減点対象。

基本的な合格ラインは『☆3つ半以上』。

☆:1つ=絶対に買ってはいけない
☆:1つ半=値段の半分以下の価値、中古同人屋でも厳しい
☆:2つ=値段の半分の価値程度、中古同人屋ならなんとか
☆:2つ半=値段分の価値はちょっと・・・・、作家のファンならOK
☆:3つ=一応値段分はギリギリ何とか?
☆:3つ半=値段分の価値は有、サンプル等との相談で
☆:4つ=値段以上の価値有り、表紙買いは好みが合えば
☆:4つ半=表紙絵が嫌いじゃなければ即買い
☆:5つ=見つけたら有無言わさず即買い、複数買い推奨!






『にゃんぱい!』
・フリークス(オノメシン/ミケ)
・全20P
・¥300

にゃんこい から加奈子×潤平モノ。
潤平を起こしに来た加奈子、そこで見たのは潤平のそそり立つアレ(所謂朝立ち)
加奈子はそれを口にくわえ・・・

と書くとシリアス風に見えるが中身は単なるバカエロ物。
オ氏の絵柄を生かしたπズリシーンは良。
加奈子がネコになりヤるシーンも良いが、やはりページが薄い(漫画11P分)。
値段とのバランスは良い。
★:3つ半





『おねパイ!ランキング』
・フリークス(オノメシン/ミケ)
・全8P
・¥100(折り本、イラストカード付)

テレビ朝日にて深夜関東ローカル放映の「おねがい!ランキング」という番組のエロパロ。
これだけ見て分かる人は殆ど居ない気がする・・・。
「Hが気持ち良い おねがい戦士ランキング」というネタでレッド(男)がイエロー(女)、ブルー(女)、ピンク(女)とHしていく(オ氏担当分)。
グリーン(女)はミケ氏担当。
出来としては文句はないが、ネタのチョイスに問題ありか。
番組を見ている人なら笑えるので見てみる価値は有り。
★:4つ





『ドリーム☆マンション』
・Number2(たくじ)
・全16PフルカラーA4
・¥500

ドリームクラブから亜麻音とるい物。
マンションに囲い夫婦生活状態でHしていく。
特に具体的な話は無く、新婚夫婦の様に家に帰って即H風味の様相。
2人分でPを割っている為、残念ながら肝心のシーンの薄さが目立つ。
どちらかに絞るかP数増加(版を小さくして)の選択が良かったと考える。
絵や仕上げに関しては特に文句無し。そのため余計に惜しく感じる。
★:3つ半





『勇者の挑戦状3 戦士にラブソングを』
・R2(らっこ)
・全36P
・¥500

勇者の~ シリーズの三冊目、今回も男勇者+女戦士+女僧侶物
女僧侶は女戦士よりも遥かに強く、女戦士に特訓をさせる事に。
巨大イカやタコモンスターを倒した後の足相手に特訓を開始するが・・・。

その後は特に脈絡も無くエロ漫画直行w
僧侶が戦士にザオリク(蘇生呪文)を掛け、処女膜再生させて勇者に破らせるという試みは新しい。
ただ氏らしい濃いエロさが若干薄めになっている感があるのは残念。
★:3つ





『おっぱいアーマー職人の朝は早い』
・DRAGON KITCHEN(さそりがため)
・全24P
・¥500

アニメ放映が思いのほか不発で、取り上げる人が少なかった 聖剣の刀鍛冶 からセシリー物。
おっぱいアーマーを壊してしまい職人の所に行くが、採寸と称して職人はセシリーの乳を揉み、愛撫をして最後までシてしまう。
正直な話、氏の絵柄ではセシリーには合わないと考える。
またp数の薄さが中身の薄さに直結してしまっており、割高感が拭えないのもマイナス点。
★:2つ半





『アミえろ!!』
・サークルED(ED)
・全20P
・¥525(書店専売)

以前紹介した アミえろ! の直接的続編。
どちらかと言うと前回と今回で一冊分のような印象。
前回で話の中核部分を使い切ってしまったので、今回はエロに徹底w
櫛枝や大河に打ち明けてボコられるという話も1Pではしょり、2P目から既にエロ。
くわえ/πズリ/本番/πズリ/本番と本当にヤりまくり。
前回のシーンの少なさが嘘の様。
とはいえ全体のP数が少ないのは否めない。
前回と今回の本のMIXで全44P¥700(書店価格¥840)位で出せれば完璧なのだが・・・
★:3つ半





『OVER UPPER -佐天涙子BAD-』
・バス停シャワー(桂井よしあき)
・全28P
・¥500

とある科学の超電磁砲 から佐天涙子モノ。
レベルアッパーを求めて人気の少ない待ち合わせ場所に来た涙子。
そこで渡されたのは実はヤク(注射器)だった。
それを騙され打たれてしまい・・・。

もうこの後は定番パターン。
継続の薬(レベルアッパー)代と称してビデオ撮影されれいーぷされる。
涙子がやたらと巨乳なのは気になるが、それ以外は陵辱物として見れば良好。
ただp数が少なく感じるのが唯一の難点。
★:3つ半
しかし・・・氏の本はヤクれいープ物が多いな。





『花咲く乙女よ穴を掘れ』
・PATRICIDE(ジョン湿地王)
・全28P
・¥500

クイズマジックアカデミーからルキア本。
夢見が悪くマラリアに相談するルキア。
マラリアは薬を渡すが、実は淫夢を見る薬だった。
ルキアはマラリア初め、男たちに陵辱される夢を見る。

典型的な夢オチえろ漫画。
前も後ろもヤられまくるルキアが良い。
ただゲストを4pも取ってp数を誤魔化している感が非常に強い。
そのために肝心の部分がパワー不足気味。
★:3つ





『おんなのこ?になって感じるQ』
・御伽屋(みづき春人)
・全32P
・¥500

アニメ自体の出来の問題か、非常に出ている数が少なかった けんぷファー物。
女子トイレに入るナツル。
そこでオ○ニーを初めてしまい、その現場を紅音に見られ、最終的に紅音はチ○ポ変換した武器でナツルをヤってしまう。
愛撫の部分にp数を取られいたす部分が若干おざなり気味なのが残念。
★:3つ





『ラブジュース』
・Yan-Yam(Yan-Yam)
・全44P(うちカラー8p)
・¥1000(クリアファイル付)

ラブプラスの姉ケ崎寧々モノ。
ちなみにカラーページは本と全く関係が無い、氏の商業誌掲載イラスト。
余計な部分が多いため、全体がこれだけあるのに漫画は18pのみ。
漫画自体の出来やエロさは良いだけに非常に勿体無い。
クリアファイル付とはいえこの高価格はかなり頂けない。
再録イラスト部分を無くして値下げすべきと思われる。
★:2つ





『超電磁砲のさそいかた』
・たくみなむち(たくみなむち)
・全60P
・¥700

名前通り、とある科学の超電磁砲 より御坂美琴モノ。
ジョギング中(?)の当麻との会話成り行きで、後日デートする事(?)になった美琴。
家に帰りシャワーを浴びた後に服を買いに行った美琴、だが↑から然程間も無いのに当麻と遭遇することになってしまい、そのままデート状態に。
そこで美琴はジュースをこぼしてしまい、着替えるためにホテルへ入るが・・・。

導入部で美琴のシャワーシーン&黒子の妄想H有り。
全体が本放送で有りえるなーと思える展開で、特に無理もなく進行していく辺りは氏の構成の良さを感じる。
いたすシーンに入る導入部もコマ割を有効に使い、きちんと描写しているのも好感を持てる。
普通の同人誌であれば、ここまで描くとP数の問題で肝心のシーンがおざなりになる所だが、P数の多さで肝心の本番シーンも多く(挿入してるPだけで15Pも有る)非常に満足できる。
価格に対してP数も非常に多く、絵柄も元作品と非常に合っており、当麻×美琴が許容出来れば即買いの一冊。
★:4つ半




『さいだいHP+∞』
・FULLMETAL MADNESS(旭)
・全24P
・¥500

定番のドラクエ女戦士モノ。
冒険をして強くなって帰ってきた女戦士。
だが酒場で声を全く掛けられない・・・実は冒険してる間に時代が様変わりし、戦いのスキルではなくエロスキルを要求される情勢に。
そこで女戦士は新しいスキルを身につけるために・・・。

と上を見れば非常に分かりやすい展開。
爆乳を生かしπずりスキルを身に付けるわけだが、本編中はそれ+ギャグオチで終了。
P数も少なくかなり不満感が残る。
★:2つ半




『LOVELY STORM』
・BRAVE HEART petit(KOJIROU!)
・全28P
・¥500

もはやこのサークル定番のToHEART2タマ姉モノ。
クリスマスパーティで寝込んでしまった雄二とこのみ。
2人を残し別の部屋に布団を取りに行ったが、なりゆきでHしてしまう貴明と環。
サンタ服でHするタマ姉が良い。
いつもの本と比べるとHシーン自体も多く満足度は高め。
★:4つ





『CITRON Ribbon23』
・共月邸(宮下未紀)
・全12P
・¥300

リリカルなのはから、表紙ではやて本と見せかけて、中身のメインはヴィータのオ◎ニー漫画。
半分はイラスト。
紙質は良いものを使っているのだが、いかんせん値段に対してのP数が少なすぎる
★:2つ半





『Past&Present』
・鴨川屋(鴨川たぬき)
・全24P
・¥300

リリカルなのはから、シグナム/ヴィータ/シャマルの陵辱本。
はやて以前のマスターが3人を陵辱した時の回想話。
とはいえ中身は単なるヤるだけイラスト漫画状態。
エロ度は非常に良いのだが、残念ながらラフ絵なのが困り者。
完成原稿なら★4つ確定なのだが・・・。
★:2つ半





『SiTUAiON NOTE77』
・サイクロン(冷泉)
・全24P
・¥500(折り綴じフルカラー)

陵辱イラストに説明セリフが付いた体裁の本。
リリカルなのはのフェイト/はやてと聖剣の刀鍛冶のセシリーで構成。
絵も悪くなくエロ度もまあまあ。
表2(表紙の真裏)と表3(裏表紙の真裏)も使っており無駄が無い。
このP数でこの価格はお買い得。
★:4つ





『767A』
・サイクロン(冷泉)
・全44P
・¥600(暫定価格)

リリカルなのはからなのは陵辱ものの続き。
と言っても以前のがどれかは失念。
なのはを陵辱し続けたが墜ちず困ったクアットロ。
先に墜ち改造されたスバルになのはを陵辱させることに。

スバルによるなのはのれいーぷから、疼きが止まらず懇願するなのはの痴態がなかなか良い。
p数があるため、話重視でも十分なエロ度がある。
★:4つ
なお正確な価格を失念した為、暫定価格での参考評価。
±100円毎に★半分±。





『HWA』
・サイクロン(冷泉)
・全20P
・¥400(暫定価格)

聖剣の刀鍛冶のセシリー本。
酒場で起きたトラブルに巻き込まれるセシリー。
客の1人を人質に取られ、陵辱されていく。

ただ尻穴を舐められ、乳を吸われただけで男のモノを懇願するほど屈服してしまうのが納得が行かない(キャラ的に)
★:3つ
こちらも正確な価格を失念した為、暫定価格での参考評価。
±100円毎に★半分±。





『Situaton Note LM8』
・サイクロン(冷泉)
・全28P
・¥500(合言葉を言えた先着50名に一合桧枡プレゼント)

リリカルなのはから、なのは陵辱物。
ヴィヴィオのクラスの班は社会科見学で管理局に見学に来ることに。
ヴィヴィオと同班の男子は密かに対応したなのはに薬を飲ませ、動けなくなったなのはを陵辱する。
今迄に見ないパターンのれいーぷ漫画。
但し話を重視しすぎたせいか、肝心のシーンが短めなのが非常に残念。
★:3つ
但し上に書いてある桧枡が貰えた場合は★:4つ半

桧枡の実物はこちら。





『MAGICAL DIAMOND』
・りーず工房(王者之風)
・全28P(但し真っ黒pが2p)
・¥500

懐かしのリューナイトからパッフィー本。
敵から発展途上胸と言われカッツェに胸が大きくなる薬を要望するパッフィー。
薬は貰ったが実は中身が悪魔の媚薬だった。
飲もうとした所にアデューが来て・・・。

まあ簡単に言うとパフの逆れいーぷ漫画w
アデューのモノに積極的にしゃぶりつき、自分で腰を動かすパフは良い。
ただ2p分が完全に無駄なのはちょっと。
★:3つ半





『乳なのフェィ。TRESURE LYRICAL』
・STUDIOふあん(来鈍)
・全18P(コピー誌、B4 9枚)
・¥300

表紙は幼なのフェイだが中身は大人キャラのリリカルなのは本。
ヤりまくりイラスト本といった体裁だが、残念ながらラフ絵ばかり。
せめて完成原稿だったらと思うのだが、ちょっとこの値段ではキツイか。
★:2つ半





『新妻フェイト』
・リバ島(矢島Index)
・全24P
・¥500(下の本とセットなら700円、ポストカード+オマケ本付き)

リリカルなのはからフェイト新妻モノ。
管理局のうだつの上がらない男と結婚したフェイト。
仕事中にまで夫を誘惑するフェイト。
πズリやソニックフォームでの騎上位など、エロ度は非常に濃く良い。
ただP数に対しての価格が割高気味なのが残念。
下の本とセットで買い、ポストカードとオマケ本で相殺か。
★:3つ半





『なのぶる』
・リバ島(矢島Index)
・全24P
・¥300(上の本とセットなら700円)

リリカルなのはから、ブルマ&スク水本。
フェイトが生徒でシグナムが教師となって、チ○ポが生えたシグナムとブルマフェイトがシはじめる。
展開やシチュが氏の商業漫画で見たものとソックリなのが気になる。
巻末にはフタナリのロリなのフェイ漫画も有り。
発行が1年以上前の為、サービス価格だと思われる。
★:3つ半







[今回の総括]
以前と比べると無意味にカラーを使うサークルは減った気がします。
またカラー本も低価格化が一層進んだ印象。

昨年後半はアニメ類が超不作だったせいもあり、ゲームで活気があったラブプラスやドリクラ一辺倒になっているのが非常に気になりました。
ハルヒ放映時→終了時に山程ハルヒ本が出て数ケ月で崩壊した事も有るように、こぞって出し過ぎると余程の物でない限り同人ブームとしては超短期に終わってしまう傾向が強いです。
(作品自体のブームと同人ブームは必ずしも一致しないので)
(また書店が供給過剰ジャンルは卸しを嫌がる傾向がありサークル側も止めざるを得ない実情)

今年の1月期はアニメの新作放映数が激減したのもあり、今年の夏までが非常に不安を感じます。



 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kiddygrade.blog45.fc2.com/tb.php/157-467a1abb

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。