スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

リボルテック クイーンズブレイド カトレア 買ってきた

商品名:NR-42 リボルテック クイーンズブレイド 009 カトレア
種類別:彩色済完成品アクションフィギュア
制作元:(株)海洋堂
販売元:ホビーストック
原型:松本栄一郎
発売日:2010年3月1日
価格:2900円(税込)



今回はクイーンズブレイド本編で、むちむちの爆乳と尻を披露してくれたカトレアのリボルテックのレビューです。





 
 
 
 

まずは箱。





次に付属品。
手首が標準含め左右で6つ、顔3種、巨大な剣(巨人殺し)。
眼鏡無しの前髪とMモード(服破け)換装用の服。
リボチップとコンテナも付属、相変わらずコンテナ1個では容量不足です。

本体の色移り防止用ビニールはもうちょっとなんとかならなかったものかと。
基本的にほぼ全部分解しないと全て取り外しできません。
(差し込んである部分のリボ軸に絡んでいたりするので)





まずは正面。
全長145mmという事で、キャラ設定(175cm)のほぼ1/12になっているようです。
服のテカテカ感はかなり気になりますが、顔に関しては十分合格点。
今迄の製品とは比較になりません。
眼鏡に関しては若干ダルイですが、ネット上で言われている程は左右の大きさの違いは気になりません。






両側左右。
とにかく巨大なおぱーいw
これが最大の魅力。
ちなみに乳部分は内部が空洞になっており、疑似やわらかになっています。





後ろ。
だらしないケツも再現w
後ろ髪の根元にジョイントが仕込んであるので、それなりに動きます。






次は少し可動させてみます。

これが巨人殺しという大剣。
大きさはfigmaフェイトのザンバーとほぼ同じですが、重量は1.5倍あるため片手の空中保持はもちろん、角度や位置によっては両手ですら保持出来ません。





そのため、こうやって片腕を下気味に配置する等の工夫をするのが必須になります。





表情変更。
でかいのでチチ揉みは余裕です(ぉ





Mモード用の破れた服に交換して、さらに上をはだけた状態。
エロ漫画の1シーンですね。





手ブラも排除。
ビーチクや乳輪の造形と塗りもしっかりあります。
股間のスジまで存在します。





完全に脱がせた状態。
パンツのような状態になってる股間部分の色違いが非常に残念です。






最後に綺麗に撮影した画像で。クリックで拡大。

画面の一番下の物に関しては後日。







[総評]
造形自体にはほぼ問題なしと言えるでしょう。
各関節の配分やギミック(脱がせ等)も文句無し。
パンツの色調整の失敗についてはかなりの不満ですが、それはこの際置いておきましょう。

最大の問題は、リボルテックのキモとも言えるリボルバージョイントにあります。
これが圧倒的に「弱すぎる」んです。

武器の重さはもちろん本体の重量にも耐える能力が無いに近い。
今迄の物よりも遥かに重いのに、同じ設計では耐えられる筈も有りません。
本体付属もそうですが台座用のも非常に弱い。

これでは折角良くなった造形も台無しです。
一部の6mmタイプは新型に変更になったそうですが、何故改良を今に至るまでしなかったのかが疑問です。

また本体の材質的性質の影響もあるでしょうが、軸穴の精度がイマイチで軸穴も緩めです。
そのため、リボ球の強化と同時に軸穴も補修してやる必要があります。

また、完全密着するパーツであるにも係わらず、交換用の服パーツの裏面に色移り防止の措置が施してありません。
これではガシャポン以下です。

以前から思ってるのですが、海洋堂の制作は細かい所に気を配ってない感じがします。
本当に残念と言うしか他有りません。







 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kiddygrade.blog45.fc2.com/tb.php/162-0b464d13

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。