スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

figma スバル・ナカジマ バリアジャケットver. 買ってきた

商品名:figma スバル・ナカジマ バリアジャケットver.
種類別:彩色済完成品アクションフィギュア
製造元:マックスファクトリー
原型:浅井真紀、マックスファクトリー
発売日:2010年4月29日
価格:2800円(税込)



今回はリリカルなのはStrikerSから、本来(?)主人公であったハズ(?)のメカ娘スバルのレビューです。

・・・尼は発送メール遅いわ勝手にヤマトに変えた揚げ句、不在票を置いていかない、更に不良個所の山と言うトリプルコンボを喰らいました。
都知事と一緒に一回氏んで欲しいもんです>黒猫

やる気が一気に失せたレビュー行きます。

[2010/5/10追記]



 
 
 

まずは箱。





次に付属品。
いつもの台座、手首が両手合わせて全12種、顔が3種付属。
手首が非常に多く、顔も3種とこのシリーズにしては異例です。
アクセルフィンと逆向き用の前髪。
番組終盤でやった両腕リボルバーナックルが出来るように左腕用のリボルバーナックル。
両腕用のナックル回転エフェクト
パーツ自体もかなり多いです。
勿論今回も小物袋付き・・・使いませんね(ぉ






まずは正面。
顔は結構可愛く出来ています。全体的なボディラインも良好。
ただ胸はもう少し有ったような・・・・。
なお肩部と二の腕が癒着してる事が非常に多い様です。
はやてとは違い、肩は軟質なので外そうと思えばなんとかなりますが。
軟質硬質の組み合わせで初期癒着というのはちょっと酷い。
セイバーや初期なのは時代には有り得なかった不良。





腰部のアップ。
腰は胸部分と尻の少し上に可動部が有り、かなり柔軟な腰の動きが出来ます。
両方併用すれば後ろ90度程度まで反る事も可能。






両側左右。
横のサイドアーマー部は上に広がる様になっています。
後ろはともかく横は足の可動に干渉することは殆ど有りません。
なお足のローラー部は車輪が全て回る上にソール部も可動します。





後ろ。
なぜか胸上のジャケットと胴体が完全分離構造になっています。
但しジャケットを外すには肩ジョイントを外さないといけません。
この為に軸穴に非常に挿し辛くなっています。
はやて辺りと同じ構造で良かったのでは?







次は少し可動させてみます。


安定しないようで、実は台座を使わずとも横に倒れる事は殆ど有りません。





食いしばり顔と前髪を交換。





これは戦闘機人顔です。





左腕をナックル交換、アクセルフィンを装着、右側に回転エフェクトを装着。
このエフェクトがかなり付け辛いです。





勿論左腕にも付きます。
両腕分ついてるので両方とも装着状態に出来ますが可動に若干支障が出ます。






最後に綺麗に撮影した画像で、画像クリックで拡大。








[総評]
覚醒(戦闘機人)顔が正直イマイチ。
ここの所のfigmaの顔の造形に関しては色々と問題があるようです。

今回のスバルは不良だらけでした。
関節部のゆる過ぎ/きつ過ぎ/癒着、パーツ変形、塗装部汚れ、塗装部ゴミ混入とフルセット。
しかもパッケ表からでは判別しにくい部位なので選別すら出来ません。
製品管理に関しては年々酷くなっている印象です。
パーツのはめ具合のきついユルイの落差が激しいのもかなり気になりました。

可動部が非常に多く全体の出来が良いだけに余計に残念な状態。
もう一度原点に立ち返ってみた方が良いと思われます。
ハッキリ言いますが「けいおん!!」にかまけて製品管理サボリ過ぎ。




[追記]
一部で誤解があるようなので。

今回のスバルに関しては造形そのものやギミック(可動面)に関しては、今迄のfigmaの中でもかなり出来の良い方になっていると思います。

ただ、今回の一番の問題は品質管理面においてです。
(覚醒顔の件についてはまた別問題)

なのは辺りでは殆ど見られなかった、白いパレオ(?)への汚れやゴミ埋まりが発生していたこと。
さらに殆どの個体(個体差というレベルではない)において、肩と二の腕の癒着が見られることです。
(二の腕の変形で交換されてきたパーツにも、どうやら[外せなかったらしく]肩がそのまんまくっついてました)

これは塗装後の十分な乾燥をせずに組み立ててしまった事と、塗膜の厚み分で径が太くなった為にキツくなってしまった事の両方が原因です。
この場合、お湯に入れるよりも爪楊枝の先端で隙にねじ込み、ぐるーっと隙を数周すると取れます(軟質と硬質の組み合わせなのでなんとか外せる)。
が、再度取り付けると結局はキツイ為、肩パーツの内側を削るか二の腕の接触部の塗膜を少し落とすかの二択になります(自分は前者を選択)。

今回は不良パーツが多かった為に着払いにてグッスマに送った所、[送ってから2日]という最短時間で良品パーツが返送されてきました。
GW明けでサポート量も多かった筈なのに、この対応速度は非常に有り難いです。

ただ、この辺の細やかさを製品の不良を減らす方向にも向けて欲しいと思います。




 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kiddygrade.blog45.fc2.com/tb.php/168-685b04f3

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。