スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

シードヒロインズ7を買ってきた、総括

前々回前回のまとめです。

色々と遊んでいて分かった事があったので、まとめてみようと思います。




とりあえず列挙してみる

(1)このシリーズで、ホーク姉妹は頭が小さい
(2)首のジョイント部の棒の大きさはまちまち
(3)目の位置は見た目の大きさの大小を変えてしまう



1.
ピンキーごっこをしていて判明したのですが、シードヒロインズ5から出ているルナマリアとメイリン。
どうやら他キャラより頭が小さいようです。
アニメ上ではそんなことは無いのですが、5/BEST/6と全てにおいて他より小さくなっています。
足~肩までは大きさに違いが無いように思えたのですが、比較すると肩幅が小さいようです。
造形の時点で小さく作ってあるようですが、その意図は全く不明。



2.
これも意図は不明ですが、マリューの様に大きい物があるほかに、首部分の先端形状も異なっています。
土星型やホームベース型、丸型など、恐らく位置を固定化する為の措置だと思います。
ですがジョイント自体や形状/大きさを変える必要性は、あまり感じられません。



3.
これは頭の大小にも係わる事ですが、目の位置で顔の大きさの見た目がかなり変わります。
特にマリューの様に上気味ですと、かなり大きく見えます。
今回の7では実は、マリューは頭は大きい部類ではありません。
実際には、カガリ=ラクス > マリュー=タリア になります。
ところが見た目には、マリューとカガリの差は分かりません。
比べてみると、目と口の距離が同じ所にポイントがあります。
いわゆる錯覚の部類に入るのでしょう。

マリューやタリアはシードヒロインズの従来標準サイズ(?)と思われます。
そこから大きさを考えると

S5=シードヒロインズ5
SB=同ベスト、S6=同6、S7=同7
SP=スパロボヒロインズ2

[大]
カガリ(S7)、ラクス(S7)

[標準]
マリュー(S7)、タリア(S7)
ミーア(S4/SB)、アクア(SP)

[僅小]
ルナマリア(S5/SB/S6)
メイリン(S5/SB/S6)

[小]
向坂環(YUJIN-SR ToHeart2)


と、なるようです。
顔の大きさが同じと言っても、キャラにより顔の細さが異なったりするので、一概にそのまま見た目が合うかは、実際にやってみないと分かりません。
タマ姉は実際には最も小さい部類なのですが、後頭部の髪撥の影響により小ささを緩和しているのだと思われます。




他にあるとすれば、ボディの魅力ですかね。
実際の女性の体形を考慮して作られている所為ですが、ラクス、ルナ、メイリン、カガリにはボディ自体の魅力が薄いです。
乳姫ミーアでさえ、それは及ばない部分であると思います。

首の入れ替えをしていると、改めてその事実に気付かされます。

前回の時に

こんな画像を掲載しましたが、全く同じ状態をとある同人誌(後述)で目にしました。
その絵では違和感を感じない所を見ると、ミーアでは腰~尻回りのムッチリ感が足らない事に気付きます。





あと前回の追加写真を載せておきます。



[比較構図2]

追加入手したので、スカート有り無しで並べてみました。
スカートが無いと尻部分の高さが沈む為に、若干上体の角度が違ってきます。




オマケ[2Dと3Dのコラボ]

数々の雑誌の表紙やピンナップを担当し、爆乳イラストレーターとしても有名な[いのうえたくや]氏の直筆絵マリューとのコラボ。
最近の絵柄の人が描くと、妙に若く違和感のあるマリューになりがちですが。
流石いのうえ氏、マリューの年齢相応の魅力を十分に引き出した絵になっています。

えーと・・・・以前も同じような事を書きましたが、今回の為に描いて頂いた物では無いので御理解ください(汗)

ちなみに前述した[とある同人誌]とは、いのうえ氏の同人誌「ちちしき4」の事です。


 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kiddygrade.blog45.fc2.com/tb.php/18-b3a6b4f7

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。