スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

もどきろいど ネットアイドル 泉こなた 買ってきた

商品名:もどきろいど ネットアイドル 泉こなた
種類別:彩色済完成品アクションフィギュア
製造元:海洋堂
販売元:角川書店
原型:榎木ともひで
発売日:2009年12月23日
価格:8190円(税込)



今回は、もどきろいど ネットアイドル泉こなたのレビューです。
これはPSP用ゲーム「らき☆すた ネットアイドル・マイスターDXパック」の予約特典フィギュアです。
予約特典の筈が・・・予約数と売行が芳しくなかった様で、投売されているDXパックにすら付属している始末。
実質550円にて入手しました。






 
 
 

まずは箱の表と裏。
物凄いパチモノ臭の上に嘘てんこもりです。





次に付属品。
台座、長ブーツと本体のみ。
長ブーツは短いブーツを中に埋め込むように穿かせます。
パッケの嘘、武器類は一切付きません。





まずは正面。
SDこなた+アイマス風衣装。
見た目の出来としては上々。






両側左右。
アホ毛の根元が変ですが、これは別パーツで取り付けるようになってる上に成形がイマイチなせいです。





後ろ。
台座アーム用の穴が見えます。
この状態だと台座は使用不能(高さ問題で)ですが、後ろ髪が支えになるので台座は不要です。






次は少し可動させてみます。


またまたパッケの嘘。

パッケ裏面に[ブーツを穿かせると自立するかも!?]と書いてますが、実際は真逆で穿かせると自立できません。
この場合は台座を使うことになります。






可動と言っても、首は髪の毛が邪魔してほぼ動かせないのと、腕は軸可動な上にやはり髪が邪魔するのでこれが限度。
腰も分離式なのに服パーツが邪魔してほぼ動かず。
足もそこそこ動くのですが、台座アームのみだと支えが安定しないので片足立ちは苦しいです。






最後に綺麗に撮影した画像で。








[総評]
可動部分としては本家ねんぷちより上の筈ですが、造形等でそれらが全て殺されています。
そのため本家より動かない感じ。
かなり勿体無いです。

あと正直パチモン感バリバリなので、きちんとねんぷちとして作った方が良かったんでは?という感じがします。
(ねんどろと言う名称として出す分にはライセンスフリーの為)
正直、リボ玉が完全に殺された状態なので、リボとして存在する意味がありません。



 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kiddygrade.blog45.fc2.com/tb.php/183-e63c3d30

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。