スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

figma KOS-MOS ver.4 買ってきた

商品名:figma KOS-MOS ver.4
種類別:彩色済完成品アクションフィギュア
製造元:マックスファクトリー
原型:浅井真紀、マックスファクトリー
発売日:2010年4月29日
価格:4800円(税込)



今回は ゼノサーガ エピソード3からFIGMA KOS-MOSのレビューです。



 
 
 

まずは箱。





次に付属品。
今回はダブルブリスターになってます。
ゲーム付属など大きさを狭めたい場合はよく使用されますが、通常ものでは見ません。

いつもの台座、手首が両手合わせて全10種、顔が2種付属。
バイザー(?)オープン時のパーツ、ハンドガン、ハンドバルカン×2、バルカン用発射エフェクト×2、バルカン支柱×2、ドラゴントゥース(巨大銃+光剣)、トゥース用刀身、相転移砲用胸部交換パーツ、と盛り沢山。
勿論今回も小物袋付き・・・使ったことはありませんが(ぉ






まずは正面。
幸薄そうな顔ですが結構な美人さん。
乳の盛りっぷりも中々。
造形と色分けが非常に細かい。






両側左右。
やはりスタイルの良さが目立ちます。
figmaの中ではかなりの長身。





後ろ。
髪の毛の後ろは左右独立でジョイントが付いてるので開くこともできます。
髪は半透明で結構綺麗。





斜め後ろ下から。
figmaにしては珍しく尻太股がムチムチ。






次は少し可動させてみます。

いきなりクライマックス(ぉ
バルカン両手持ち。
本来はdi:stageに支柱を立ててやるのが正解です(重量に関節が負けるので)





ハンドソード装備。
右肘から下をまるごと交換します。





ドラゴントゥース射撃モードとバイザーを降ろした状態。





ドラゴントゥースソードモード。半透明の刀身。
一部パーツを外してスライドさせ装着します。
かなりデカイです。





青目(覚醒)に変え、ハンドガン持ち。
自立は出来ますが安定度はイマイチ。





相転移砲用胸部に変更。
どうみてもオッパイパージです、どうもありが(ry






最後にちょっと綺麗に撮影した画像で、画像クリックで拡大。







[総評]
下半身の可動は邪魔するものが無く(前垂れは軟質で、サイドも可動)、かなり動きます。
上半身も髪が若干邪魔になりますが、それをしのげばかなり動きます。

但し全体の重量と付属物の重さに関節強度が追いついてないのも事実・・・。
またフェイスガードが邪魔で顔交換しにくいのも難。

塗装具合はほぼ問題ないレベル。

あとは・・・価格でしょうか。
正直4800円はちょっと・・・希望小売価格が4200円迄ですかね。


 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kiddygrade.blog45.fc2.com/tb.php/204-e22415ef

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。