スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

2011年夏 同人誌レビュー

2011年5月~コミケ80に入手した中から、一部の同人誌を偏った個人的観測でレビュー(一部敬称略)
なお、モザイクはこちらで入れたものです。
価格は基本的に会場での価格です。

また今回も掲載本自体を選別するのではなく、サークル単位で選別して取り上げたサークルは、現時点で手元に残っている本を全て紹介するという形式になっています。





 
 
 
同人誌の評価の☆基準を明確にしました。
本自体の評価レベルとしては同人も商業も一緒です。
同人誌の場合は価格がまちまちなので、内容だけではなく価格/P数で評価を加味/減算しています。
(内容としては☆4だが価格比P数が少ないので3つ半、等)
その為に商業誌に比べて相対評価になりやすいです。
また相対評価導入の為、若干評価厳しめになっています。


P数基本基準としては
・表紙フルカラー前提(モノクロ表紙は4P差引で評価)
・本文モノクロ=100円/6P(但し700円以上は基準値UP)
・本文カラー=100円/3.5P(但し700円以上は基準値UP)
・500円単位で-2~+2P程度は許容範囲
・遊び紙(印刷されてない色紙等)はP数に含めない
・上回れば評価+気味、下回れば評価-気味
・大幅に上回れば直結で評価増、大幅に下回れば自動評価減
但し漫画や絵以外のページが多い場合は減点対象。
また折り綴本(印刷だがホチキス綴=印刷代安)も評価減気味。

・モノクロコピー誌はコピー枚数4枚~5枚/100円が基準
・コピー誌のカラー表紙は100円差引計算での評価
・モノクロ両面印刷の折り本は8p~10pで100円基準

基本的な合格ラインは『☆3つ半以上』。

☆:1つ=絶対に買ってはいけない
☆:1つ半=値段の半分以下の価値、中古同人屋でも厳しい
☆:2つ=値段の半分の価値程度、中古同人屋ならなんとか
☆:2つ半=値段分の価値はちょっと・・・・、作家のファンならOK
☆:3つ=一応値段分はギリギリ何とか?
☆:3つ半=値段分の価値は有、サンプル等との相談で
☆:4つ=値段以上の価値有り、表紙買いは好みが合えば
☆:4つ半=表紙絵が嫌いじゃなければ即買い
☆:5つ=見つけたら有無言わさず即買い、複数買い推奨!







『YELLOW TEMPERANCE』
・BLACK DOG(黒犬獣)
・全56P
・¥500

恒例のセラムン。
個々最近の続き(妖魔のアジト+研究所のオジサン)で今回はヴィーナス。
妖魔に捕まった所、オジサン達に助けられたヴィーナス。
そのまま一緒に脱出することになったが別の妖魔にまた捕らわれる。
だが軽くエナジーを吸っただけで退散。
それを見ていたオジサン達はヴィーナスと接触した時に衝動を抑えられなくなり襲ってしまう。

触手による乳首攻めの後はねっとりオジサンの愛撫が続く。
相変わらずのねちっこいエロが良い。
色々な体位にアナルにサンドイッチまでフルコースでヤられるのも良い。
P数も多いのにこの価格。
★:4つ半






『NINETEENS EX.N』
・鴨川屋(鴨川たぬき)
・全20PフルカラーA4
・¥600(書店価格683円)

リリカルなのはから、高町なのは物。
ヴィヴィオの件で脅され、局員に体を要求され続けるなのは。
色々な体位(正常位、バック、側位、串刺しふぁっく、騎乗位、2穴攻め)で攻められるなのがが良い。
最後はアヘ顔まで。

ただ唯一の疑問は導入部でヴィヴィオが出てくるのだが、どう見てもvivid時の姿。
その時はバリアジャケット後もツインテールではないはずだが・・・。

価格設定に関しては紙が若干薄い(安い)とはいえ◎。
書店価格でこれ(会場なら600円)は脅威。
他のサークルも見習って欲しい。
★:4つ半






『1002 サイクロンの総集編』
・サイクロン(冷泉)
・全228P(本文カラー8P)
・¥1400

過去に出した7冊の本に加筆修正とカラーページを加えた総集編。
よくある再掲載ではなく10p以上の加筆を加えた物もある本当の意味での完全版。
元を未所有の人は勿論、持っている人にも十分楽しめる。
また総集編でありがちの紙質の低下も見られないのも◎。
★:半分以上を未所有なら4つ半、それ以外なら3つ半






『シチュエーションノート80』
・サイクロン(冷泉)
・全12P(中綴じ)
・¥500(下敷のオマケ付)

スイートプリキュアからキュアビート(セイレーン)物。
敵に倒されたプリキュア達、いの一番に裏切り者のビートを襲う。
ほぼ無抵抗のままヤられまくるセイレーンが良い。
もう少しp数があれば良かったのだが。
★:3つ半
但し会場販売時は下の本とセットの為、価格は推定価格。






『T-04 SUIッSUIッ』
・サイクロン(冷泉)
・全44P
・¥700

メガトーンの攻撃を食らって気絶していたキュアメロディ。
その間にリズムは囚われる。
リズムを助けるために敵のいいなりになるメロディ。
前半は変身したままパンツを脱ぎ、アナル攻め器具を付けたまま列車に乗るようにいわれる。
そこで痴漢にヤられる。
後半は風俗店で1時間に100人をヌくよう命令され男達に奉仕する。

続き物としての体裁か、若干後半がおざなりの感じが拭えない。
エロ度は高いが価格がちょっと厳しいか。
★:3つ
但し販売時は上の本とセットの為、価格は推定価格。






『きゃる~ん☆と一発!』
・りーず工房(王者之風)
・全8P
・¥100(コピー本、B4 4枚)

懐かしいきゃんバニのスワティが表紙の本。
中身はラフエロイラスト、他にVGの優香。
ラフ本なので出来はそれなりだがエロイ。
完成原稿が見たいところ。
★:4つ






『Breast Infinity』
・りーず工房(王者之風)
・全28P
・¥500(オマケ本+缶バッジ付)

PSポータブルインフィニティ2のナギサ本。
疲れが溜まって主人公の部屋で眠るナギサ。
天の声(w)の誘惑に負け、ナギサの乳を吸う主人公。
Πズリをした時に目覚めるが介抱してると勘違いするナギサ。
そのまま介抱してる事にして本番に及ぶ。

ナギサの乳を強調したエロ描写が良い。
またオマケ類がこれだけついて価格は現状維持も良い。
★:4つ
難を言えばネタがマイナーすぎること(ぉ






『ONLY MY FRAULEIN』
・りーず工房(王者之風)
・全4P
・¥0(上の本のオマケ)

特にジャンルは無いイラスト本。
但しエロは一切無し。
★:3つ






『そらのちちおとし』
・七色の勾玉(七輝静樹)
・全20P
・¥400

そらのおとしもの本。
スイカが暴走し、エンジェロイド達を弦が襲い始める。

と、ここまでは良いのだが、氏のPCのHDDクラッシュにより不完全状態に。
無理にオフセで出さずに完全にしてから出すべきだと思うのだが。
途中までは良い出来なので非常に勿体無い。
★:3つ






『BREAK TIME』
・BRAVE HEART petit(KOJIROU!)
・全8P
・¥100(コピー本、B4 4枚)

恒例通り、ToHeart2のタマ姉本。
学校でタカ坊とのHを教師に見られ、それをネタに脅されて陵辱される。
シチュ等は良いが、残念ながらp数が少ない上にラフ仕上げ。
コピー本と考えてもちょっと厳しいか。
★:3つ






『CTR-if 美樹(準備号)』
・J's STYLE(じゃみんぐ)
・全16P
・¥200(折り綴じ)

VIPER-CTRの美樹本。本編の後話。
アブノーマルプレイに目覚めた美樹。
そこで、出会い系で男達を集めトイレでハメ撮りを行うことに。
全部の穴で男たちのモノを賞味していく。

シチュや構成は良い物の完全なラフ本。ちょっとこれは厳しい。
★:2つ
先頃亡くなられた川上とも子さんの追悼本との事だが・・・わざわざ裏名義の物をほじくるのはどうかと思う。
それならそれで、きちんと完成してから出すべきだったと思うが。






『Happiness』
・犯罪天国(ハセイアガナ)
・全36P
・¥500

リリカルなのは本。
前半は○ンポを魔法で生やしたなのはとフェイトのレズ物。
後半は↑の直後、オ○ニーしてたエリオとそれを目撃したなのはとのエッチ。
2本体制とは言え、肝心のシーンが多く中身は濃厚。
上記のカップリングが嫌いじゃなければ買い。
★:4つ






『unsound』
・加州大飯店(なつのすいか)
・全8P
・¥100(コピー本、B4 4枚)

TIGER&BUNNYからブルーローズ本。
時間切れで能力限界になり囚われて陵辱されるブルーローズ。
プレ本という位置づけのため、出来は線画まで。
ただこの状況で行けば良い出来になるのが予想される。
★:3つ半






『unsound』
・加州大飯店(なつのすいか)
・全20P
・¥300

こちらは上のオフセット完全版。
ブルーローズのヤられまくりが楽しめる。
ただ、主線がブレているような状態になってしまっているのが非常に残念。
★:3つ半






『まよまよ!』
・加州大飯店(なつのすいか)
・全6P
・¥100(折り本、B4 3枚)

まよチキ物。各女性キャラがヤられてるだけのイラスト本。
原稿の完成度とエロ度は問題ないが、やはりちょっと薄いか。
★:3つ






『超純情プッシーズ』
・ケンソウオガワ(フクダーダ)
・全40P
・¥600(4Pのオマケペーパー付)

「あの花」の安城鳴子(あなる)+鶴見知利子(つるこ)本。
金稼ぎでウリをしてる現場をつるこに目撃されたあなる。
黙っている代わりに、あなるに男達を呼んでもらう。
処女を喪失するためだが、とある企みがあって・・・。

企みは漫画の最後のほうに。
アナルダシされイくあなると中田氏されイくつるこが非常に良い。
値段が上がったのは残念。
★:4つ






『花散るほへと』
・ケンソウオガワ(フクダーダ)
・全4P
・¥0(上の本のオマケ)

花咲くいろは、巴モノ。
風呂場で客に本番サービスをする話。
と言っても4Pなので中身は薄いがエロ度は濃い。
完全原稿なのでオマケとしては十二分。
★:4つ






『SRWZII 姫騎士の処女は兵たちの前で散らされた』
・秘密結社M(北原亜紀)
・全28P
・¥500

第2次スーパーロボット大戦Zからマルグリット本。
登場機を破壊され、部下と共に敵に捕らわれたマルグリット。
部下を盾にされ、その身を陵辱される。

ねちっこく恥辱を味合わされ、ゆっくりと処女を散らされていく様子が非常に良い。
この辺は氏の得意とする所。
ただ最後が突然終わっている(一発ヤるだけはヤった後だが)のが若干の不満。
次があれば続きに期待したい。
★:4つ






『強化人間を抱ける店 ZEON LOST WAR CHRONICLES』
・秘密結社M(北原亜紀)
・全12P(中綴じ)
・¥200

恒例のジオン本。
今回はプルクローン(と思われる)の本。
戦災孤児を抱ける店として有名な売春宿でひたすらに客に抱かれるだけのプル。
何時もどおりのねちっこさとエロ度は良い。
ただ私個人の趣味ではない。
★:3つ半






『催眠彼女』
・ようかい玉の輿(CHIRO)
・全28P
・¥500

ガンツのレイカ本
コントローラーの隠し機能で人間の操れる機能があることを知った大阪ガンツメンバー(通称メガネ君)
それを利用し、玄野と思い込ませレイカにエロい事をさせ調教していく。

パターンとしては氏の定番だが、氏の絵柄が良く合い、非常に良い出来になっている。
★:4つ






『ルカ子と助手の岡部争奪戦』
・ようかい玉の輿(CHIRO)
・全12P(コピー本、B4 3枚、折り綴じ)
・¥100

シュタインズゲートから助手(クリス)とルカ子(漆原るか)本。
タイトル通り2人による岡部の奪い合い。
前半は助手との普通(?)のエロ、後半はルカ子とのホモになるw
全体的に白いのが難だが、コピー本の代替と考えれば問題は無い。
★:3つ半






『EGG PLANT SUNSHINE』
・NAS-ON-CHI(ナス夫)
・全20PフルカラーA4
・¥1000

フレッシュプリキュアからキュアサンシャイン本。
他の三人を人質にとられ、開放の効果条件として陵辱される。
なぜか説明文字がエロ小説風な言い回しになっているのが疑問点。
エロ度自体は相変わらず良い。
価格面に関しては前回から下がったものの、安めのサークルが出てきている以上、割高感は拭えない。
★:3つ半






『UROBOROS』
・UROBOROS(うたたねひろゆき他25名)
・全116P
・¥1300

総計26名の作家によるTIGER&BUNNYのBL本。
中のカップリングは殆どが虎×兎。
本編を見ていれば結構楽しめるが、自分個人としては欲しいかどうかとは別問題。
★:評価対象外(見るだけなら4つ)






『見切れクリニック』
・UROBOROS(うたたねひろゆき)
・全20P
・¥300

上と同じくタイバニ本。
但しこちらは通常のエロ、折紙(カレリン)×ドラゴンキッド(パオリン)物。
何時も通りのエンピツラフ。
導入部分が長く肝心な部分が短め。
価格は安いものの、この出来はちょっと厳しい。
★:3つ






『ユメノカケラオカケラ』
・冗談じゃないよっっ!(門井亜矢)
・全8P(折本)
・¥300(うちわ付)

氏が珍しく時流に乗り、マドカマギカ本
エロイラストと4コマで構成。
うちわがオマケと言うより本がオマケである。
★:2つ






『F-72』
・ぱるぷんて(深田拓士)
・全36Pフルカラー
・¥1000

最近リメイクされたどろろんえん魔くんから雪子姫モノ。
前半は雪子姫とえん魔くんのH、後半はイカ触手と雪子姫という構成。
ぬるぬるでイカにイかされるユキが良い。
ただ価格はちょっと・・・
★:3つ半






『肉欲』
・ぱるぷんて(深田拓士)
・全40P
・¥500

オリジナル物。
アイドルをしている恋人(由利)にコス(自身のステージ衣装レプリカ)をさせる男(浩介)。
そのまま電車に乗って降りた所、由利はどこかへ行ってしまう。
怒って帰ってしまったと思った浩介だった実は拉致されていた。
そしてそのまま陵辱調教される。

氏の商業作品的なノリの本。
出来自体は良いのだが、単行本掲載でやったほうが良かったのではないかと。
★:3つ半






『2011SUMMER SWIMMING SUIT』
・ぱるぷんて(深田拓士)
・全16P(B5弱 変形サイズ)
・¥300(レーザープリンタ折り綴じ本)

表題どおりの水着お姉さんのエロイラスト(男達にヤられてる)本。
この手の本としては結構エロ度は高い。
★:3つ半






『いろは歌』
・なります屋(あきばわたる)
・全28P
・¥400

サムライスピリッツからいろは物。
内容自体は以前に掲載したコピー本の加筆増補完全版。
超乳+ミルク物が好きな方は即買い。
★:4つ






『詩織 第十八章 恋心、傷心』
・HIGH RISK REVOLUTION(あいざわひろし)
・全48P
・¥800(PP加工済みペーパーバッグ付)

恒例の詩織シリーズの十八章。
心では半ば拒んでいても体が島田を求めている詩織の描写が良い。

ただ・・・今年辺りから氏の書き方に変化があったらしく、目の辺りに違和感を感じる。
(他の本を見ていても変化が分かる)
今回の本は従来から見ると少々ソフト和姦傾向(それでも縄縛り等は有り)
価格は少々高い気がする。
★:3つ






『ほむほむの甘い汁』
・TRAP(浦野まみ)
・全28P
・¥500

まどかマギカからほむら本。
28p中、氏の漫画は8Pのみという困った代物。
半分は他人の小説とイラストが入っている。
氏のサークル目当てで買った人には非常に期待はずれの代物。
★:1つ半






『WAREME DE PON』
・TRAP(浦野まみ)
・全28P
・¥500

「あの花・・」と 花咲くいろは物の」2本立て構成。
前者は6p、後者は10pと極端にp数が少ないので中身的には希薄。
エロシーンそのものは悪くないのだが。
★:3つ






『桃色世界』
・COCON!(音音)
・全20P
・¥400

ToHeart2ダンジョントラベラーズ物。
ダントラ世界に入った環と雄二。
ゲーム世界だから問題無いとばかりに環は雄二のモノを銜え込む。
とにかくエロ度は高く実用的だが、デジタルトーンを多用しすぎで見難い。
また以前よりキャラの書き方が少々ケバくなったと感じるのが若干残念。
★:4つ






『響堕とし』
・AMP(野良黒ネロ)
・全36P
・¥500

敵に捕らえられた奏を救うため、倉庫に向かった響。
そこには敵とともに無関係な住民(男)が多数。
操られているとの事だが実は操られているのではなく、ヤれるという触れ込みで集められた男共だった。
抵抗も出来ず薬も打たれヤられまくってしまう。

前戯や本番などシチュやエロ度などに全く文句は無い。
ただ唯一の問題はイマイチ響と奏に見えないこと(汗)
★:4つ






『らくがきコピー本 2011夏』
・AMP(野良黒ネロ)
・全8P(折り綴じ)
・¥0(本購入者1人1部無料配布)

シュタインズゲートから椎名まゆり本。
からあげ代を稼ぐため、ウリをするまゆしぃ。
オジサン相手に本番行為をする。

線ベタと一部トーンの準ラフだが不思議と見られる。
エロ度も高く、オマケとしては十分。
★:4つ






『VINCENT LOVER.』
・鬼ノ漫画設計室(鬼ノ仁)
・全20P
・¥500

PS3用ゲーム「キャサリン」もの。
部屋に勝手に入ってきているキャサリンとヴィンセントがヤりまくるだけ漫画。
かなり濃厚なエロシーンが良い。
問題は価格とp数の釣り合い。
★:3つ半
猟奇的方向から脱出してくれて良かった(汗)






『HOMUHOMU MADNESS RETURNS』
・介錯(介錯)
・全28P
・¥500

まどかマギカからほむら本。
まどかのハンカチでオナ○ーするほむら。
他にも時間を止めて自らの淫汁をまどかの顔に飛ばす等、各種変態行為に及んでいたが遂に・・・。

正直、氏の絵柄とほむらの相性はイマイチ。
また前戯などが多く肝心のシーンが少なめで不完全燃焼気味。
★:3つ






『PENGUIN SPIDER(仮)』
・介錯(介錯)
・全8P(折り綴じ)
・¥100

輪るピングドラム本。
荻野目苹果と高倉陽毬(姫)が路地裏でヤられるだけ漫画。
本当にヤられてるシーンだけなので6p分とはいえエロ度は高い。
但し原稿としては若干不完全。
折り本としての出来+価格面では問題は無い。
★:3つ半





『esquisse Fleur』
・CUT A DASH!!(みつみ美里)/BLAZER ONE(甘露樹)
・全24P(中綴じ、前後8pのみフルカラー)
・¥500


何時もどおりのフルカラー本・・と思いきや、中間の白黒部分は「あの花」漫画。
11pがめんまエロ、4pがあなるエロ。
出来としては何時もどおり・・・という感じ。
★:2つ半







[総評]
今回はまどか☆マギカ物が圧倒的に多く、次いで「あの花・・」やプリキュアやIS、シュタインズゲートが多く見かけました。
比較的当たり時期だったようで代わりにゲーム系は少なくなっていました。
ただまどか系/あの花/スイプリはどうしてもキャラの選択幅が狭く、ワンパターンな物が多いのも事実で、量が多い故に質の低下は否めないようです。

別の意味で凄かったのはTIGER&BUNNY。
これはジャンル超えて圧倒的な勢い、但しホモ本多しw

これだけ盛り上がると次期は元ネタ自体(新アニメ)が駄目な気がします。





 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kiddygrade.blog45.fc2.com/tb.php/212-30d22e03

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。