スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

ねんどろいどぷち なのは&フェイト 夏の思い出セット 買ってきた

商品名:ねんどろいどぷち なのは&フェイト 夏の思い出セット
種類別:彩色済完成品アクションフィギュア
製造元:グッドスマイルカンパニー
販売元:ときめきドットコム
原型:ねんどろん
発売日:2012年1月31日
価格:1800円(税込)


今回はカルワザステーション(カルワザオンライン、サークルKサンクス)限定で販売された「なのは&フェイト 夏の思い出セット」 のレビューです。
販売経路が非常に矮小のため、気付かない人も多いんじゃないかと思う代物。





 
 
 
 

まずは箱。
ラストシーンver.と同じ大きさの箱ですが、付属ベースは平たいので置き方を変えればコレの半分以下の体積は可能な筈。
そこからして問題ありな感じ。





次に付属品。
いつものねんぷち台座。
それとビーチボール、浮き輪、海岸の砂場を模った大型ベースが付属。








まず、なのは正面。
可動範囲は首(ボールジョイント)、両肩(1軸)、両足(1軸)。
顔に関しては最近のねんぷちスタンダード形状の為、他のなのは系や雑誌付属の者と交換可能です。
(多少のユルイキツイはありますが差込部形状自体は同一)
顔などは可愛く出来ていますが、服が無いせいか若干アンバランス感。






両側左右。
乳はありません。





後ろ。







次にフェイト正面。
可動範囲はなのはと同じく、首(ボールジョイント)、両肩(1軸)、両足(1軸)。
顔に関してもなのはと同じく最近のねんぷちスタンダード準拠です。
表情はちょっと微妙。






両側左右。
・・・何故かフェイトはサイドテールになっています。
こちらも同じく乳は無いです。





後ろ。






今回の付属品
以前のラストシーンver.と違い、ベースにはアーム接続用の穴が開いています。

浮き輪は大きさ的に装着は可能な筈ですが、腕を外さないと入りません。
腕の接続軸は内部に引っ掛かった様な状態なため、無理に外すと軸部が破損する可能性があります。







次は少し可動させてみます。

おっぴろげジャンプ(ぉ
全ての可動をさせるとこんな感じに。






こっちもおっぴろげ(ry







砂場ベースに接続し、パッケ裏面の手繋ぎを再現。
・・・と簡単に言ってますが、正直これはパズルです。

理由は手繋ぎは結構無理な角度で行われる上にツインテールが邪魔をする上、ベース上面がデコボコの為に接地などの問題が出てくるので位置調整にかなり手間取るためです。
その上にアームが「はめにくく外れやすい」という状況のため、更に困難度が増します。
また個体差かもしれませんが、初期状態では全くベース穴にアームが入りませんでした。
(穴を若干加工してようやく)






最後に綺麗に撮影した画像で、画像クリックで拡大。







[総評]
塗装及び造形に関しては特に問題は無いようです。
・・・が、この商品のコンセプトが良くわかりません。
本編で出てくるシーンでもなし、このような情景が存在するわけでもなし。
俺妄想レベルの物を商品化してしまったレベル。
真冬の雪が降る時期に夏の思い出というのも皮肉では有ります。
(梅雨明けに雪ミクが届くのかの如し)

また、以前のアインハルトとヴィヴィオの時もそうですが、手繋ぎ等に無理がある(考慮してない)状態(ベースの凸凹)などの配慮が見られない部分が大きなマイナスです。

とても組立などの面でも万人に薦められる代物ではないですし、販路と同じく超矮小向けです。
水着用の交換用ボディと考えても高いですしね。





 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kiddygrade.blog45.fc2.com/tb.php/217-2468052b

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。