スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

成年向けコミック レビュー(05.11~)

ここ半年で買ったエロ漫画レビューでも。
(これも個人主観評価)
モザイクはこちらで入れたものです。


 

『ふしだら』
・著者:らっこ
・発行:ティーアイネット
・¥924(税別)

らっこ氏の初単行本。
爆乳/乳輪大きめ/近親モノが多い氏の作品だが、これは比較的満遍なく配置。
但し古い原稿が有り、それはちょっとキツイかも。
☆:3つ




『ムリクリ』
・著者:らっこ
・発行:ティーアイネット
・¥924(税別)

こちらは新しめの原稿が中心。傾向は近親モノ多し。
前刊よりも爆乳が強く出ている。
表紙を見てビンゴならば買ってOKかと。
☆:4つ半




『熱視線』
・著者:蓬瑠璃
・発行:ティーアイネット
・¥924(税別)

氏の3(4?)冊目の単行本。
これも近親相姦(母×息子)が多い編集になっている。
正確には母親or女教師と姦ってるって感じかw
氏の単行本は全てその傾向が強くなっている。
これも表紙絵がOKなら買い。
☆:4つ半




『着衣性行』
・著者:山崎あつし
・発行:茜新社
・¥895(税別)

これは先の3冊と違い、処女喪失物中心。
唯一違う1本も回想シーンがあるので、実質的に全て処女喪失物になる。
キャラクターも高校生中心、エロ度も高い。
最近の単行本は裏表紙がサンプルページ化している物が多いので、それを見れば大体分かるかと。
☆:3つ




『まあは怪々』
・東雲舞樹
・発行:エンジェル出版
・¥933(税別)

同人誌のレビューでも取り上げた、東雲氏の商業単行本。
中身は氏らしいエロ炸裂な内容だが、話的には少々薄いかな?と言う感じ。
☆:3つ




『Amrita』
・東雲舞樹
・発行:コアマガジン
・¥1000(税別)

上と同じく東雲氏の最新単行本。
王女姉妹陵辱モノと小学生のショタ×女子高生モノの近親ありのヤリ放題話。
まあはより、こちらの方がエロは濃い。
☆:3つ半




『彼女のススメ ラブバラシスター編』
・著者:黒河澪
・発行:辰巳出版
・¥600(込)

本来は2巻だと思うのだが・・・なぜ2じゃなくサブタイ付なのかが良く分からない本。
前刊と同じく、とっかえひっかえやりまくり本(ぉ
キャラが5人いるので、氏の絵のファンじゃないと全般に楽しめないかも。
出来はよいので絵が好みであればGODD。
☆:3つ




『おねーさんひとりじめ』
・著者:ポン貴花田
・発行:双葉社
・¥600(税別)

連載物3話+単発7本の構成。
氏の癖のある顔の書き方が好きだったのだが、この本の表紙辺りではそれが無くなってきていて、個人的好みとしては若干下降線。
中は連載物以外は若干古い原稿なので好み傾向。
☆:3つ




『ぴんくいろあそーと』
・著者:ポン貴花田
・発行:双葉社
・¥514(税別)

連載物5(+1)話+連載物3話+単発1本の構成。
こちらは新しめの原稿で構成されているので個人的にはちょっと・・・。
☆:2つ



 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kiddygrade.blog45.fc2.com/tb.php/29-b4feedb9

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。