スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

オタク的、グルメ奇行4

今回は秋葉に戻ってきました(笑)
そこで今回は、比較的新しい店/余り有名ではない店に焦点を当ててみます。


 
 
店名:キングケバブ・アキバ
品名:ドネルケバブ ハニーマスタード(ミディアム)
価格:500円

前回紹介したアキバテラスの近くにある、全く別の系列のケバブ屋。

距離で言うと200mも離れていないのがポイント。
がアキバテラス。
これだけの近距離です。

ちなみに、スターケバブのケバブメニューと同じラインナップ。
悪く言えば「パクリ」(ぉ
ソースのラインナップも名称が

ホワイト(ヨーグルト) ->クレオパトラ
イスケンデル(ヨーグルト+トマト) ->アレキサンダー

となっているだけです。
最近、ブルーチーズソースとハニーマスタードソースが追加された模様。
そのため敢えてハニーマスタードを食べました。
感想としては………スターケバブより美味しい(笑)

ケバブ自体の臭みが少なく、味も良く、野菜の量も多かったです。
マスタードと蜂蜜の甘辛さが絶妙で、これは価値あり。
欠点としてはピタ(皮)が若干硬かった事かと。

またブルーチーズソースの方はチーズの臭みが無く、どちらかと言うとソース無し+αと言った具合に近いものです。
恐らく、本来のケバブの味を最も良く味わえるソースではないかと。
変に味を加えているのではなく、コクと若干の塩気が加わった感じになります。

ストレートに味わいたい人はブルーチーズ、そうじゃない人はハニーマスタードを選択すると良いかも知れません。





店名:刀削麺荘 唐家
品名:刀削坦々麺
価格:650円

最近できた刀削麺の店です。
場所はキングケバブの近くで、ZOAの2軒隣。
最初に店外で食券を買い、中で渡すというシステム。
カウンターのみ10席という狭い店内なので、満席時は外で待つことに。
空くと店員が手招きします。

味としては………1口目はかなり辛いです。
だけど2口3口と食べる内に旨味が強くなり、気にならなくなります。
一般的なレトルトカレー中辛を食べられる人であれば問題は無いでしょう。
最近辛いのが若干苦手な自分でも、スープは殆ど飲めました。
実際、食べてる最中は殆ど水は飲みませんでした。

また刀削麺自体は小麦粉の味がしっかりし、麺の厚みの不均一さが逆に飽きない食感を生み出しています。
これも食べる価値アリ。





店名:BROWNIE
品名:タコライス(大盛)
価格:680円(大盛+50円)

末広町駅から2分程の所にある洋食屋。
頑固ラーメン(骨)の隣と言った方が分かりやすいかと。
主幹メニューは決まっているモノの、ころころとメニューが変わるのが若干問題です。
自分的には好きな店であるがタコライスしか喰いません。
(以前食べたのだが、ここのカレーはどうも自分の味覚に合わなかった)

久しぶりに食べましたが、以前より味が全体的に若干辛くなっていました。
また最初の見た目の盛り付けが平たくではなく、山状になったのも変更点。
辛みが強くなった以外の味は以前と殆ど変わりませんでした。





[番外編]
店名:yogorino
品名:チョコレートスペシャル(フリーズドライイチゴ/イチゴ&チョコシロップ)
価格:380円


東京と大阪に合わせて4店舗しかない、ヨーグルトドルチェの店です。
元はイタリアのチェーン店。
ちなみに行った店は府中のショッピングビル(FORIS)内の店舗。

ドルチェ……と言っても見た目は、ヨーグルトジェラートのパフェです。
チョコレートの苦みと甘さ、フリーズドライの感触と酸味、ジェラートの酸味と甘さ、下のフレークの感触とが相まって非常に良い味になっています。
味としては全く問題ないかと。

但し………最大の問題は価格。
一般的に言うミニパフェ位の小ささにも係わらず、価格が380円します。
これはちょっと価格的に問題があるのではないかと。
このトッピングで300円、トッピング無しで200円程度であればかなりヒットすると思われます。


 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kiddygrade.blog45.fc2.com/tb.php/58-6077cf9c

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。