スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

デュエルメイド プラス(DUELMAID PLUS) 買ってきた

商品名:デュエルメイド プラス
種類別:ブラインドボックス型 彩色済アクションフィギュア
発売元:アトリエ彩
種類数:全10種(5種+バリエーション5種)
発売日:2008年3月19日
価格:735円(税込)



第一弾が好評で再版するにあたり、武器等をverupして発売されたデュエルメイドプラスです。

彩の商品は「災」とも言われ地雷物が非常に多いことで知られていますが、デュエルメイドの1に限ってはかなりマトモで、その為に予想外な品切れを起こしたようです。
さて、そのクオリティは再版でも保っているか・・・・・。



 
 
 
まずアソートですが、下記のようになっています。

  後
ベル ベS
カレ カS
エリ エS
シェ シS
ルー ルS
  前

但し数パターンあるようなので注意。

1と比べて主な変更点は武器です。
ノーマルカラーはベルリネッタを除いて、大幅に変更されています。
ベルリネッタとシャドウ5人は、刃がクリア化されただけです。
尚シャドウは単なる色替えなので、撮影が面倒なので省略(ぉ



[ベルリネッタ]

某鋼鉄天使ではありません(ぉ



ベルリネッタは武器刃クリアピンク化ではなく単なるクリア化。
これは手抜きですね。



結構巨乳w
首から下の造形は5人共通なのですなわち全員巨乳www



腰から上と腰(リボン)、スカートは全て別パーツなので、微妙な捻りを付ける事も可能です。



手の穴は大きくないですが、それなりの物を持たせることは可能。
銃持ち手を使えばもっと大型の物もOKです。





[エリーゼ]

1と比べて武器の変更点は ポールアックス(柄が槍の様に長く刃先が小さい斧)→大型のアックス になっています。




なお肩のフリルは別パーツ(乗せてるだけ)なので、結構落ちるので注意が必要。




[ルーテシア]

1と比べて武器の変更点は、鎌のビーム小刃が増え、柄の付け根にまで刃が加わっています。




標準で思いっきりパンチラしてますが、これは可動用のスカートで、普通の立ちポーズ用の浮いてないスカートも全キャラに付いています。
とはいえ使うことはまずないでしょうがw





[シェルビー]

1と比べて武器の変更点は、短刀が加わり二刀流になったこと。




二刀流だとポーズも色々出来そうです。





[カレラ]

1と比べて武器の変更点は、トンファー(?)が両手持ちになり、刃が伸びています。




トンファーの人は他の4人に比べて表情が若干キツ目。
そのためポーズを付けると一番決まります。





[恒例行事(ぉ]

頭部接続はボールジョイントですが、ボールが大きいためにYUJINやHGIF等の他社製品の首は非常に付け辛いです。
換装した場合、yujin物等より若干大きいため頭が小さくなりがち。



スカートは二種類(素立用の窄んでる物とアクション用の開いてる物)付いている事もあり普通にキャストオフ可能。
股処理も悪くないので、十分見られます。





[総評]
・可動軸としては初年度のリボルテックに近いレベル
・手首が両手で3種類(計6個)
・スカートが2種
・1BOXで全種類必ず揃う仕様

と、この価格(定価¥735、実売¥600程度)を考えると、かなりのプレイバリューの高さと言えます。

足首の可動範囲が狭く、台座の大きさが小さい事もあり、安定させるには若干苦労します。
とはいえ、あまり派手なポーズをさせなければ、十分な可動範囲は確保されています。
この値段と生産数(メーカー自体の規模)を考えると非常に良く出来ていると言えます。
また塗装汚れも皆無ではないものの、十分許容範囲(最近のYUJINよりも良い)です。

但し、その分カラバリに頼らなければ成らない部分もあるようですが・・・
とはいえ、オリジナル物でメイドに抵抗が無ければ、買う価値のある物なのは確かなようです。
アトリエ[災]と言われないよう、今後ともこういったきちんとした製品作りを希望したいものです。


 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kiddygrade.blog45.fc2.com/tb.php/90-f34dc89c

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。